飴細工師の紹介
手塚 新理
手塚工藝株式会社 代表

1989年 千葉県生まれ。幼少より造形や彫刻に勤しみ、あめ細工アメシンとして全国各地にて製作実演や体験教室、オーダーメイド等を手掛けてきた、日本随一の技術力を誇る飴細工師。
2013年、東京浅草に飴細工の工房店舗「浅草 飴細工アメシン」を設立。現在、7名の弟子を抱える。

磯野 未加子
浅草 飴細工アメシン 浅草本店 工房長

丸い一塊の飴から鋏一本で作りだす日本伝統の飴細工の技に惹かれ、代表である手塚新理に師事し飴細工師を志す。
製菓専門学校や前職であるパティシエの経験を生かし、本店工房では材料の仕込みから商品の製造までの統括を担当。全国各地にて出張製作実演や体験教室も行う。 また、工房長として新たな作品を生み出すべく、日々飴を研究中。

山田葉子
浅草 飴細工アメシン 意匠総括

アメシンのデザイン責任者。アンティーク着物コーディネーター、園芸師、料理人など、多様な顔を持つ。
飴を素材に古き良き和の暮らしや伝統を新たなカタチで伝えるべく、大手メーカーのデザイン職で培った経験を元に商品開発や意匠を引き受ける。本店の金魚の飼育係。